”ペーパーレス化に役立つ、環境に配慮した新しいプリンタ”
| ホーム | 会社案内 |ISO関連 |LABEL | OA機器 | FA機器 | 特 品 |不動産・保険 |お問合せ |
リライタブルプリンタ
リライタブルプリンタ の特徴
1)リライト機能による不要な用紙の削減が可能。
※メール/資料/回覧物等の一度しか読まない用紙を削減する事でコスト・環境負荷を削減できます。
2)インク・トナー等の消耗品コストの削減が可能。
※サーマル方式の為、基本的に消耗品は不要です。
※消費電力の低減機構を採用しており、約5分の待機状態で省電力モードに移行します。       
■約1,000回の書き換えが可能。

■消耗品が不要。

■印字速度はインクジェットカラープリンタと同等(A4で約4分/枚)
ランニングコスト比較
プリピート+リライタブルシート 汎用レーザープリンタ+コピー用紙
用紙単価 約0.45円(用紙単価/書換回数) 約0.5円
消耗品 0円 約1円
ランニングコスト 約0.45円(#1) 約1.5円(#2)
消費電力 稼動時平均:150W
待機時   :10W以下
稼動時平均:430W
待機時   :65W
#1 リライタブルシート単価450円の場合
#2 プリンタはレーザープリンタの場合、用紙代0.5円、トナー・ドラム代1円で換算 
プリント1回辺り約1.05円のコストダウンが見込めます。       
プリンタ仕様
型式 RP-31
印字方式 サーマル方式
印字色 青色
印字可能サイズ A4
印字速度 13秒(消去・印字) 10秒(印字のみ)
インターフェイス セントロニクス(ネットワークはプリンタサーバによりLAN対応)
プリンタドライバ Windows98〜XP
導入用途
A) 工程管理表/加工指示書に利用

日々印刷される工程管理表をプリピートで印刷
             ↓
工程完了の識別用にQRコードを印刷・利用も可能。 
B) 現品管理表に利用

製品や原料の残り数量の使った分を手書きで紙に書いていた。
             ↓
プリピートで使用量とバーコードを印刷。
・追記する事からの記入ミスによるヒューマンエラーが無くなった。

・バーコードを印刷する事により、棚卸しの正確性とスピードアップが図れた。
      
ご提案について
リライタブルプリンタは、インクジェットやレーザープリンタの様にインクやトナーやドラムカートリッジ
(消耗品)を使用しませんので、ランニングコストは経済的で消耗コンを交換する手間も省けます。
また、1枚のシートを繰り返し使うことで紙の使用量を減らす事ができますので、ISO14001取得会社様でも
プリピートを環境マネジメントシステム構築にお役立て下さい。 
 +